太陽光発電の基礎知識

太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組み

太陽光発電システムとは、太陽電池アレイ、パワーコンディショナ、これらを接続する配線、接続箱、屋内分電盤及び交流側に設置する電力量計等で構成されます。それぞれ、以下のような役割を果たします。

太陽電池アレイ 太陽電池モジュールを組み合わせて屋根や地上に設置された、発電架台を含んだ太陽電池全体。
太陽電池モジュール 太陽光エネルギーを直接電気エネルギー(直流)に変換するパネル。
パワーコンディショナ 太陽電池モジュールからの電力を交流電力に変換し、系統と連系運転を行うための装置。
接続箱 太陽電池モジュールからの電力線をつなぎ込むための端子台の役割を果たす。パワーコンディショナに内蔵されているものもある。
分電盤 ブレーカ。太陽光発電システム設置の場合は、専用のブレーカが必要となる。
電力量計 電力会社に売った電力や、購入した電力を計量するメーター。
商用電力系統 発電所、送電・配電設備などから構成された、電力会社が交流電力を送るシステム。