Q&A

太陽光発電システムについて

太陽光発電システムの寿命はどのくらいでしょうか。
一般的には太陽電池は20年以上、パワーコンディショナ(直流を交流に変換)は10〜15年と言われています。太陽光発電システムには、駆動部分がないので、他の発電システム(風力発電等)に比べて長寿命です。
また、京セラのソーラーエネルギーセンター(千葉県佐倉市)に設置されたモジュールは、1984年に設置以降、現在も稼動をし続けており、長期にわたる信頼性の高さが証明されています。
太陽光パネルの掃除は必要でしょうか。
太陽光発電システムには駆動部分というものが存在しないので基本的にはメンテナンスフリーです。表面の汚れ等も通常は雨によって自然に流れ落ちます。しかし、落ち葉の張り付きなど落ちにくいものが付着した場合は清掃した方が良い場合もあります。
汚れが長期間ついたままになると、影になった部分が電気抵抗となり異常加熱し、その部分の性能低下や発熱を起こす、ホットスポットという現象が起こることがあります。このホットスポット現象を予防するのが「バイパスダイオード」という装置です。
京セラ製のモジュールは、製品の安全·品質について認証を行う第三者機関であるテュフ·ラインランドが新たに定めた信頼性に関する「長期連続試験」において「バイパスダイオード試験」もクリアし、世界で初めて認証を取得しております。
設置費用の回収期間はどのくらいでしょうか。
一般的には10〜15年が回収期間と言われています。しかし、条件によって大きく異なります。詳しくはご相談時に個別にシミュレーションをし、ご提示させていただいております。

パスポートについて

対応可能なエリアについて教えてください。
日本全国、どちらでも対応可能です。横浜と鹿児島の2ヶ所に拠点を構え、北海道から九州まで豊富な完工実績がございます。
設置後のサポート体制はどのようになっていますか。
お客様に20年間の売電事業を「安心・最大メリット」にて行っていただくために、20年間の安心「プレミアムパッケージ」をご提供しております。
私の地域でも「市民オーナー発電所」プロジェクトを実施していただくことはできますか。
基本的には日本全国、どちらでも実施可能です。まずはお気軽にお問合せください。
パスポート共同保険の保険内容を変更することはできますか。
できません。付帯保険であり、パスポートが保険会社と契約をしているため、当該保険内容の変更はできません。